• 鍼灸整骨院 うぃず

歩く速さと寿命の関係性


こんにちは!


うぃず鍼灸整骨院の細矢です♬


今日は歩くスピードと寿命の関係についてお話していこうと思います。


寿命は予想できないものですが、最近の研究で、ある程度推測できるようになってきたといわれています。


平均的な歩行スピードは1秒間に0.8メートルですが、1秒間に1メートル以上歩く人の寿命はその方々と比べて長いという結果が出ています。


歩くという行為は実はかなり複雑で、動きの集大成とも言えます。


歩きが遅い場合、身体のどこかに異常をきたしていたり、非効率な体の使いかたをしているというサインにもなり得ます。


しかし単純に早歩きをすれば寿命が延びるということではなく、自然な結果をして歩く速さが上がれば寿命が延びる効果があるかもしれないという程度のものです。


ですが実際に血圧を下げたり、血液循環の促進、体重や気分の維持など多くのメリットがあるので、頭の片隅において生活してみましょう!


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示