• 鍼灸整骨院 うぃず

気象病の対策をしましょう!


こんにちは!


うぃず鍼灸整骨院の細矢です♫


今週末は雨が降ったり、やんだりで中々予定を立てられないような天気ですね。


こういったコロコロと気候が変わることによって起こる不調を”気象病”といいます。


症状は様々で頭痛やめまい、耳鳴り、関節痛などがあげられます。


気象の変化によって、なぜ体調も変化するのか?


それは、一言で表すと「自律神経の乱れ」によるものです。


自律神経は身体を正常に保つ働きをしていますが、気候の変化でその働きが過剰になってしまいます。


症状の中で最も多いのが頭痛ですが、漢方医学では”水毒”と考えられており、汗やリンパ液などの体液の循環が悪くなっている状態を指します。


体内に水分が溜まり、それが神経を圧迫することで頭痛が起こりやすくなります。


対処法としては、耳の付け根の後ろの骨のくぼみ部分(翳風と言われるツボ)に指をあてて押すことや五苓散という漢方薬がおすすめです。


自分の不調パターンを把握して事前に対策してみましょう!



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示