• 鍼灸整骨院 うぃず

梨状筋症候群について


こんにちは!


うぃず鍼灸整骨院の細矢です♬


今日は梨状筋症候群についてお話していこうと思います。


梨状筋症候群とは腰から足の後ろにかけて広範囲で走行している坐骨神経(ざこつしんけい)が、骨盤内にある梨状筋(りじょうきん)が何らかの原因で硬くなり、坐骨神経を圧迫して痛みやしびれが起こることです。


梨状筋は股関節の回旋運動に働く筋肉で、下半身を固定して体を捻るような運動やデスクワークなどで発生します。


当院では手技療法や鍼・灸治療などを行い、痛みやしびれの根本的改善法として骨盤の歪みを調整し、安定感を出す「骨盤リリース」を行っていきます。


また、姿勢の維持に働く骨盤付近の筋肉を3D EMSによってトレーニングして原因の元となる不良姿勢を改善していきます。


放置すると腰痛や下半身の動きが悪くなってしまうので、早めにケアを行いましょう!

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示